内へ切りこんでクロスと外へ少しボールを蹴りだしてのクロス

どーも!

Kです!!

サイド攻めをしていると

内へ切りこんでクロスを上げる時と外へ少しボールを蹴りだしてかまっすぐ上がって

クロスを出す時がありますよね?

個人的に点が入りやすいのが内へ切りこんでクロスで

クロスをあげれる可能性が高いのが外からのクロスだと思うのですが

この動きがコントロールできるのか少し調べてみたところ

内に切りこんで欲しい場合WGを少し内側にカード配置したり、外でクロスを上げてほしい場合

外側にカードを配置したりしても特に変わりはわかりませんでした(笑)

ですが例えばペナルティエリアの線が中心に来るぐらい内側にカード配置すると

さすがにスルーパスの時点で内側へいることが多かったです!

ただクリロナに関しては左だと内へ切りこんでのクロスが多く

右だと外からのクロスが多いので利き足なども関係しているとは思います!

それとクロス重視だと外側へのスルーパスが多く

スルーパス重視だと内側へのスルーパスが多く感じました!

基本は外側へのスルーパスが通りやすくクロスも上げてほしいので

おすすめですが

対人戦でカードをかなり端に寄せてくる相手には内側のスルーパスも

効果的ではないかと思い調べました。

まぁ今のところよくわかりませんが(笑)

では!

新配列情報はこちらから!!

なおまだまだver2.0の配列募集中です!!

ある程度たまると

綺麗にまとめてみやすくします!!!

WCCFあんてなに参加しています。

姉妹サイトHKB2もよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。