対人戦のプレス重視でのプレスボタンの点灯、消灯の使用感!その1

どーも!

Kです!

対人戦でKPプレス重視でプレスボタンを点灯させた時の動きと消灯させたときの動きの違いを

個人的に研究してみました!

まず前から書いてますが点灯時の動きの使用感を!

中盤での奪取確率が高い!

これは大きなメリットです!

中盤でプレスをかけて奪取をしてると全体的にあがっているのでカウンターが成功しやすいからです!

そして悪いところ書きます!

中盤で奪取できなければDFも結構あがってるし、ラインが崩壊していることも多いので

裏をかなりとられやすい!

これはとても大きなデメリットだと自分は考えます!

そしてスルーパスを通されたあと攻められているサイドにDFがよってしまっていることが

多いのでクロスからの失点率も高い・・・。

個人的には今のところプレスボタンを押すときは9割ぐらいの確率でとれると思った時かまだボールが自陣に入ってない段階の時ぐらいですかね!

まぁ人によって違いはあると思いますが^^;

ではでは次回はその2で!

WCCFあんてなに参加しています。

姉妹サイトHKB2もよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『対人戦のプレス重視でのプレスボタンの点灯、消灯の使用感!その1』へのコメント

  1. 名前:ソー 投稿日:2016/07/26(火) 12:21:51 ID:fbd48fc77 返信

    初コメ失礼します!

    プレス点灯では、明らかに動きが違いますよね。奪取力もそうですが空中戦での競り合い、球離れ、ドリブル、クロスの質、シュートの威力等にも影響はあると思っています。

    ディフェンス時はちょっとしたタイミングのズレで守備が崩壊してしまうので、リターンのほうが大きいかなと思いますねー

    • 名前:K(管理人) 投稿日:2016/07/27(水) 04:18:16 ID:ee299dcd5 返信

      ソーさんはじめまして!
      コメント遅くなり申し訳ないです!
      気持ちの問題かもしれないのではっきりはわからないですが影響ありそうですよね!

      そうですよね
      使いどころが難しい^^;
      今のところ個人的にはディフェンス時はプレス非点灯がいいとは思っております!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。