ATLE-REで排出されるカルロス・ガマーラという男!

どーも!

Kです!

昨日のネタバレはATLE-REカルロス・ガマーラさんでした!

全く知りません(笑)

少し調べてわかりやすい記事があったので引用させていただきます。

ちなみに2006年の記事です!

カルロス・ガマーラほど、エレガントなセンターバックは珍しい。179cm、85kgとDFとしては小柄なものの、卓越したポジショニングと読みで相手アタッカーをことごとくストップする。35歳になった今でも、パラグアイのDFラインに欠かせない存在である。



 特筆すべきは、プレーのクリーンさだ。ガマーラは1998年フランス大会、2002年日韓大会とワールドカップに2度出場しているが、合計8試合で1枚もイエローカードをもらっていない。フランス大会にいたっては、ファウル数はゼロ。日韓大会も、8度しかファウルを犯さなかった。危険なタックルをすることはなく、冷静なプレーでパラグアイの2大会連続ベスト16進出に多大な貢献を果たした。



 キャプテンシーと統率力も、ガマーラの持ち味である。2004年アテネ五輪には、オーバーエイジ枠で出場。10歳以上年の離れた選手たちを引っ張り、同国にオリンピック史上初のメダル(銀メダル)をもたらした。また、2006年ワールドカップ予選では15試合に出場。5節のブラジル戦、7節のアルゼンチン戦をともにスコアレスドローに持ち込むなど、安定感のあるプレーを披露した。加えて、チーム3位タイの3ゴールをマーク。強固なディフェンスに反し、得点力に課題を残すパラグアイにとって、ガマーラは攻撃面でも不可欠な戦力である。



 クラブレベルでは、国内外の名門を渡り歩いてきた。セロ・ポルテーニョ、インディペンディエンテなどで経験を積み、ポルトガルのベンフィカ、スペインのアトレティコ・マドリード、イタリアのインテルなどを経て、現在はブラジルのパルメイラスに所属。タフなリーグ、歴史のあるビッグクラブでプレーしてきたことは、ガマーラにとって貴重な財産となっている。



 パラグアイがグループリーグで対戦するのは、イングランド、スウェーデン、トリニダード・トバゴ。イングランドにはウェイン・ルーニー、スウェーデンにはズラタン・イブラヒモヴィッチ、トリニダード・トバゴにはドワイト・ヨークと、各国ともに強烈なストライカーを擁している。それだけに楽しみも多いというものだ。果たして、ガマーラは彼らをいかにして封じ込めるのか。35歳のDFが見せる、渋くて、クールで、優雅なプレーから目が離せない。

 うん!
 
かなりクリーンファイトな選手っぽいですね!
 
うーん!ファールをしない、カードをもらわないことは
 
セットプレーからの得点率が高いwccfでは
 
かなりいいことです!
 
あとは優良白ばりの守備力があれば
 
かなりいい選手ですね!
 
少し使ってみたいかも!
 
ではでは!

WCCFあんてなに参加しています。

姉妹サイトHKB2もよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ATLE-REで排出されるカルロス・ガマーラという男!』へのコメント

  1. 名前:ガナサポだけどネラッズーリ 投稿日:2017/01/24(火) 19:14:15 ID:ee6d9362a 返信

    poyバーディーのデザインが気になりますね!
    欲しいなー

    • 名前:K(管理人) 投稿日:2017/01/26(木) 01:14:38 ID:f85eb72af 返信

      デザインかっこいいですね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。