ポジション配置の説明(攻撃的ポジション)

どーも!

Kです!

自分でもわかりにくいと思いますし、よくコメントをいただくので当ブログで記載するポジションの名前の位置を書かせていただきたいと思います。

基本的にwccf攻略wikiにあるポジション配置で書いてあります。

フィニッシャー、CF

FWエリアのうち、ペナルティエリアの幅内。

WG

FWエリアのうち、ペナルティエリアのラインよりも外側。

SS、ST

FWエリアのうち、ペナルティエリアの幅内、かつペナルティスポットあたりのラインまで。

FWエリアに2人以上、当該選手よりも少しでも高いラインに他の選手がいることが条件(WG含む)。

OMF、トップ下

MFエリアのうち、ペナルティエリアの幅内、かつセンターサークルよりも相手ゴール寄り。

トップ下端

このポジションについてよくご指摘いただくのでハーフエリアより上のサイドで使っている場合はこれからはWBでなく、SHでもなくトップ下端と書くので正式な名称ではないですがご理解ください。

MFエリアのうち、ペナルティエリアのラインより外側。

この記事はこれからポジションを記載する記事を書くときにリンクを貼ります。

WCCFあんてなに参加しています。

姉妹サイトWCCF非公認ブログ~THE movie~もよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ポジション配置の説明(攻撃的ポジション)』へのコメント

  1. 名前:ナンバートラック 投稿日:2017/04/17(月) 15:31:01 ID:71a09ef8c 返信

    了解です
    ではこのブログではいわゆる片攻めの合わせ役のFWはSS..STとなるのですね

    なんか変なの 笑

    • 名前:K(管理人) 投稿日:2017/04/17(月) 17:09:54 ID:256fd1ba5 返信

      トラックさんが片攻めについてどういうフォーメーションのことを言っているのかはわかりませんが、自分の片攻めは合わせ役はペナルティーエリア内にFW1人をおいていることを指し、WGは1人なのでCFです。書いていますがSSの場合はその選手より高い位置にFWが2人以上いる場合のみSSとなります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。