リトリートの対人戦での使用感。

どーも!

Kです!

昨日もGT(ワールドクラスA)を結構プレイしてきました。

前の記事でGTで色々試してみた中でのリトリートのGTの使用感を書きたいと思います。

リトリートはプレスに比べると中盤での奪取がかなり少なく、自陣ペナルティエリア付近では奪取力はあがります。

結果的にプレスや個人守備よりクロスまでもっていかれやすくアーリークロスもがんがんあげられます。

クロスをあげられても味方DFがいることが多く、プレスに比べると弾き返してくれますがあまりにもクロスをあげられるのでいつか得点を決められます。

気のせいかもしれませんが味方DFがプレスにあまりいかないのでシュートコースを防げてないのかシュートを打たれるとキーパーは止められず大体決められます。

中盤で奪取できない→攻撃チャンスが減る→支配率が下がる→自陣攻められ放題

こんな感じになってる気がします。

でもスルーパス系のパスはあまり出させないし、通されにくいと感じました。裏のスペースは消せます。選手やフォメによっては全然違う結果になる可能性もあると感じました。

自分のチームではリトリート固定ではGTでの守備力も攻撃力も落ちる結果となりました。

ではでは!

WCCFあんてなに参加しています。

姉妹サイトHKB2もよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。