ロングパス重視Gの使用感+その対策

どーも!

Kです!

前に検証したと書いておきながら未だに書くの忘れてたGTでのロングパス重視Gの使用感を書きます。

今回は対策まで書きますので結論から言えば対人戦では使うとバレていて対策さえとられたらアウトなKPです。

自分がプレイした基本フォメはこうです。

方向キーで好きな方向にロングパスしてカード移動で戦えます。

条件さえ揃えば自陣からペナルティーエリアの手前の端の線の辺りまで味方FWへの高速ロングパスが出てそのままシュートができます。

対策としてはキーパーを飛び出したら防げます笑

ですが『あ、ロングパス通されたヤバイ』って状況からキーパーボタン押してもポジショニングやキーパーの飛び出しの速度によりますが間に合わない事が多いです。FWの選手のシュートボタンのレスポンスや相手のシュートボタンを押すタイミングも関係ありますが・・そこは駆け引きですね!

上手い人はロングパスが出たとわかった時に既にキーパー飛び出しボタン押して来ます。

もうロングパスが渡ってシュート打つ前にキーパーに大体強奪されちゃいます。

まぁロングパス重視Gの良さはその超絶ロングパスだけではないのでこのKPは自分は好きです。

キーパーがそんなに飛び出して来ないであろうCPU戦では使ってないのですがどうなるんですかね?

ではでは!

WCCFあんてなに参加しています。

姉妹サイトWCCF非公認ブログ~THE movie~もよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ロングパス重視Gの使用感+その対策』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/05/14(日) 17:51:29 ID:adff37aa1 返信

    いつも拝見させてもらってます!
    このロンパはSですか?Aですか?

    • 名前:K(管理人) 投稿日:2017/05/14(日) 23:20:16 ID:0b83dbee7 返信

      すみません書き忘れました!
      Sです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。